どんな快気祝いがいいのでしょうか?

快気祝いというと、中には、入院中の方が退院したお祝いに持っていくものと勘違いしている人がいるようです。
何を勘違いしているかというと、贈り主と贈られる側が逆転してしまっているからです。
快気祝いは、病気やケガで入院したり、療養していた方が、退院したときや、回復した場合に、入院中・療養中にお見舞い来てくださった方に、元気になりましたよ!とのご報告を兼ねてするお返しのことです。
親しい人が入院したり、長期の自宅療養が必要となれば、お見舞い金を包んだり、お花や果物などを持ってお見舞いに行くことがありますね。
そのお返しが快気祝いになります。
快気祝いは、いただいた物やお金に対して、半分程度の金額の物を用意すればいいと言われています。
体力が回復したばかりですから、結婚式の引き出物のような重たいものではなく、気軽にもっていけ、かつ、ちょっと使えるものがいいかなと思います。

http://www.elsgroullers.org/els/