傷害分と後遺障害分がある交通事故の慰謝料

交通事故の損害賠償請求における請求項目のひとつに、精神的に受けた苦痛に対する賠償金である慰謝料があります。
交通事故の慰謝料は、傷害分と後遺障害分に分かれています。
傷害分は、事故に巻き込まれて負った怪我の治療のために入院や通院をしたことで被った精神的な苦痛に対して支払われる賠償金です。
また、怪我の治療が終わってからも症状が残ってしまうケースがあります。
治療後に回復の見込みがない症状が固定的に残り、その症状が残ってしまうことで介護が必要など生活に差し支えが出たり、仕事をする能力が低下するなどの影響が認められると、後遺障害として認定される症例があります。
後遺障害として認定されると、障害が残ってしまったことで受ける精神的な苦痛の代償として賠償金を請求することができます。
入院・通院分の精神的苦痛に対する賠償金については、支払いの対象となる日数に1日あたりの賠償金を乗じて算定されます。
また後遺障害分については、障害として認定される1級から14級の等級に応じて金額が決まります。
交通事故の慰謝料については、精神的な苦痛という要因から個人差が大きく尺度化が困難なため算定基準が設けられています。
基準は安い自賠責基準から高額に算定される弁護士基準まで3つあり、傷害分・後遺障害分ともにどの基準で計算するかで金額が違ってくるので要注意です。
被害者になってしまったら、示談交渉が得意な弁護士にサポートを依頼し、弁護士基準で賠償金の交渉をしてもらうのが一番いい方法と言えます。

http://www.elsgroullers.org/els/?els=2