危険なホクロとそうでないものの見分け方

危険なホクロっていうものがある事をご存知でしたか。通常ホクロというと、黒または茶褐色で平らな物が多いのですが、危険なホクロというのは年々大きくなり、平らだった表面が盛り上がり、デコボコになってくるのです。もしホクロがこのようになったら即、皮膚科もしくはホクロを診てくれる医療機関に行って診察を受けましょう。もしかしたら癌化したかもしれないのです。知人はこの手のホクロが出来て病院でほくろ取りをしてもらいました。日焼けを浴する人も要注意です。シミかと思っていたけれど、段々形が変わってきてぶよぶよしてきたという事があるかもしれません。これも皮膚がんの症状ですので出来るだけ早く受診しましょう。早期発見が完治への近道です。

http://www.elsgroullers.org/els/